マーケティング

普段は評価投稿をしない僕が評価をつけたくなった理由

ご訪問いただきありがとうございます。
ゆうです。

 
先日、アマゾンで1冊の本を購入しました。

 
コンディションは「中古-良い」となっており、
価格は定価の1/3です。

 
中古商品ですし、
「読めればいいかな」ぐらいに思っていました。

 
後日、商品が到着し、
僕は2つのことに驚きました。

 
1つ目は、定番なのですが、
1冊の本に対するアマゾンの箱のデカさです。

 
箱の大きさを統一した方が低コストになるのだとは思いますが、
やっぱりデカ過ぎです。

 
1つ目はどうでもいいことなのですが、
大切なのは2つ目です。

 
2つ目の驚きは、本の状態です。

 
「中古-良い」のコンディションだったはずなのですが、
届いた商品は新品同様でした。

 
店頭に並んでいる本と遜色ない状態です。

 
このまま「ほぼ新品」で転売したとしても、
クレームにはならないと思います。

 

期待を大きく上回ったときに人は行動する

 
価格にすれば、1,000円にも満たない商品ですが、
うれしくなってしまい、すぐに出品者の評価を行いました。

 
もちろん満点評価です。

 
僕は、通常ネットショップで商品を購入しても、
評価をしたり、レビューを書くことはありません。

 
今回も評価をするつもりはありませんでした。

 
しかし、今回は期待を大きく超えられてしまったので、
思わず、評価投稿をしてしまいました。

 
また別の商品を購入する場合にも、この出品者が出品をしていれば、
必ずこの出品者から購入するはずです。

 
他の出品者の方が、安価で出品していたとしてもです。

 
人は期待以上の価値を受け取ったときに、
それを返したいという感情が働きます。

 
一度大きく期待を超えることで、
信用に繋がり、リピートを獲得することも可能だということです。

 

期待を大きく下回ったときも人は行動する

 
「期待を大きく上回ったときに行動をする」と同様に、
大きく下回ったときにも人は行動します。

 
当然ですが、良くない行動です。
しかも、こちらの方が能動的に行動する方が多いです。

 
クレーム・返品・悪い評価に繋がりますし、
SNSで拡散されるかもしれません。

 
もちろん二度と商品を購入してくれることはないでしょう。

 
これは、ブログやメルマガなどでも同じです。

 
読者登録の際にプレゼントを渡しますが、このプレゼントの内容がショボければ、
その先の情報は摂取してもらえません。

 
無料ですので、クレームになることはないと思いますが、
登録解除されて終了です。

 
なので、無料といえども、
この部分は、絶対に手を抜いてはいけません。

 
ここで期待を大きく超えるプレゼントを提供できれば、
今後の情報を摂取してもらえる可能性がありますし、
ファンになってもらえるかもしれません。

 
「無料だし、こんなものでええやろ」という考えでは、
絶対に良いものはできませんし、読者さんにも伝わります。

 
無料レポートをダウンロードして、
同じように考えたことはないですか?

 
僕は、結構ありました。

 
すべての方が満足するプレゼントを作成するのは不可能ですが、
あなたのターゲットが満足するプレゼントを全力で作成してください。

 
この部分は本当に重要です。

 
決して手を抜かないでくださいね。

コピーライティングよりも重要な2つの戦略前のページ

コメント周りは必要?不必要?次のページ

ピックアップ記事

  1. アマゾンプライムの年会費を割引する方法
  2. 「おもいでケータイ再起動」から学ぶビジネス思考
  3. メルカリの機能を利用してせどり上級者の「稼ぐ思考」を学ぶ方法
  4. 1日1冊漫画を買わないと○○
  5. Origami Pay(オリガミペイ)をお得に利用する方法

関連記事

  1. マーケティング

    コピーライティングよりも重要な2つの戦略

    ご訪問いただきありがとうございます。ゆうです。…

  2. マーケティング

    特定の「あなた」を設定する

    ご訪問いただきありがとうございます。ゆうです。…

  3. マーケティング

    ブレないビジネスを作る唯一の方法

    ビジネスが上手くいかない人の特徴としてよく見られるのが、ビジネススキー…

  4. マーケティング

    後発組でも稼げる2つの有利性

    ご訪問いただきありがとうございます。ゆうです。…

  5. マーケティング

    1個1,000円のりんごがバカ売れした驚きのアイデア

    ご訪問いただきありがとうございます。ゆうです。…

  6. マーケティング

    なぜKALDI(カルディ)についつい足を運んでしまうのか

    ご訪問いただきありがとうございます。ゆうです。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


無料メール講座【教材プレゼント付き】

よく読まれている記事

最新記事

  1. 思考停止の「継続」では成功できない
  2. アマゾンプライムの年会費を割引する方法
  3. ブレないビジネスを作る唯一の方法
  4. メルペイの使い方と各種設定方法
  5. コンサルタントの効果を最大化するために把握しておくべき3つの…

アーカイブ

twitter

  1. メルカリ

    メルカリで○○を売った小学1年生
  2. メルカリ

    メルカリの機能を利用してせどり上級者の「稼ぐ思考」を学ぶ方法
  3. マインドセット

    1日1冊漫画を買わないと○○
  4. ツール・拡張機能

    「モノサーチ」の設定と使用方法
  5. 教材レビュー

    新世界アフィリエイトの評価・感想
PAGE TOP