プロフィール

 
はじめまして。いけゆうと申します。

 
星の数ほどあるブログの中から、当ブログに訪問していただきましてありがとうございます。このご縁に感謝いたします。

 
まずは、簡単に自己紹介をさせていただきますが、一つお伝えしておきたいことは、実物はこのアバターのような可愛らしい顔はしていない、ということだけご了承ください。共通点は性別とメガネぐらいです。

 
また、少し長いですが、ビジネスモデルのことや、価値観を変えた出来事など、僕がビジネスについて考えていることを書いていますので、時間が許せば目を通してみてください。

 

自己紹介

 
会社員として働きながら、副業で「せどり・転売」を行っていましたが、本業の激務×副業のコンボで体調を崩してしまい、約2年間休業しました。

 
2年間の休業で貯金をすべて使い果たし、借金まで作ってしまいました。その際に人生初の債務整理(任意整理手続き)も行いました。現在は身体に負担のない会社で働きながら、再度副業に挑戦しています。
 

誕生日   :8月12日生まれ(元貴乃花親方と同じ)
出身地   :大阪府池田市生まれ・現在は兵庫県神戸市に在住
スポーツ  :野球・テニス
趣味    :YouTubeでドラムを叩く動画を見ること(アニソン限定)
夢     :地下室のある家を建てて地下室を漫画で埋めること(マッサージチェア完備)
好きなタイプ:面白い人・ポジティブな人
嫌いなタイプ:嘘つきマン・他者依存マン・鬼ネガティブマン
座右の銘  :一期一会

 
ドラムを叩く動画以外では、ダンスの動画をよく見ています。特にジャニーズのダンス動画を見ることが多く、中でも「SixTONES」「Snow Man」のダンス動画が好きです。僕自身はドラムもダンスもまったくできません。

 
何となくテンションが上がらないな、という時は「関ジャニ∞クロニクル」の「英会話伝言ゲーム」と「イケメンカメラ目線スポーツ」を見ています。めっちゃ面白いです。

 

人生の価値観を変えた二つの出来事

 
僕がはじめて就職をしたのは証券会社でした。

 
証券会社にはディーラーと呼ばれる人たちがいて、年収1億円を超えるような人も数名在籍していました。また、年収1億超えでイケメンだったりするんで、もう時間無制限でスター状態が続くマリオ状態です。

 
で、このような人たちを目の当たりにしてしまったことで、僕の人生が良からぬ方向へ傾いていきます。「株は簡単に稼げる!」と思ってしまったんです。アホでした。

 
そこから300万円が溶けていくのは、あっという間でしたね。貯めるのは大変ですが、無くなるのは本当に一瞬です。この出来事が僕の価値観を大きく変化させました。

 
当たり前のことですが、人生はそんなに甘くないし、お金を稼ぐのは簡単ではない。しっかり勉強して知識をつけなアカン、と改心することができました。かなり高い授業料にはなってしまいましたけどね。

 
未だに「1クリック100万円」などの甘い言葉に飛びつく人はいますが、もうそろそろ気づいてほしいです。そんなオイシイ話は無いですよ、と。

 
少し考えればわかることです。自分がその情報を手にしたときに、そんなオイシイ話を人に言いますか、ということです。仏のような人でない限り、自分一人でこっそり稼ぐはずなんですよ。そのオイシイ方法を世に出すということは、その人にとって「旨味が無くなったモノ」だと判断してください。

 
ビジネスは価値と価値の交換で成り立っていますので、お金を稼ぐためには、何かしらの価値を提供する必要があります。クリックするだけのビジネスには、何一つ価値が発生していません。価値を提供できなければ稼げない、という意識をしっかりと持つことが大切です。

 
そして、もう一つの価値観を変えた出来事が冒頭にもお伝えした2年間の休業です。

 
僕は会社員をしながら副業で「せどり・転売」を行っていました。

 
副業を始めた当初はとても順調で、1年も立たないうちに副業で給料と同額ぐらいには稼げるようになっていたんです。その時は「これで会社を辞めて自由に生きられるな」とも考えていました。

 
ですが、役職が上がったことにより、その状況が一変します。本業が激務になり、日付が変わってから帰宅することも多くなりました。それでも何とか副業も続けていましたが、次第に心も身体も壊れていきます。

 
その結果、僕は逃げるようにして会社を辞めました。

 
会社を辞めたことをきっかけに、僕の転落人生がスタートします。働く気持ちが一切起きず、ただ貯金を減らすだけの日々。そんな生活が約2年も続きました。貯金も底をつき、借金までしてしまいます。挙句の果てに、月々の返済が追い付かず、債務整理を行うことになりました。

 
通常のベタなストーリーであれば、ここでネットビジネスを知り、大きく成功して人生逆転(詐欺師の常套手段)なのですが、まったくそんなことはありません。現在、借金返済の真っ只中です。まぁ、早いうちに逆転するつもりではありますけどね。

 
僕はこれらの出来事によって、家族や会社の同僚・後輩、債権者など、さまざまな人に迷惑を掛けました。

 
ですが、多大な迷惑を掛けたのにも関わらず、それでも助けてくれた人たちが数多くいたんです。本当にありがたいことです。受けた恩を返さないのは凄まじくカッコ悪いことなので、少しずつでも助けてくれた人たちに恩返しができるように努力していこう、と決心しました。

 

なぜ副業を行っているのか

 
僕が副業を行っている理由はとても単純明快で「働きたくない」からです。もう少し正確に言えば、「誰かの下で働きたくない」からです。

 
誰かに雇われ、その組織の中で働くからには、その組織のルールに従わなければいけません。やりたくこともやらなければならないですし、付き合いたくない人間とも付き合わなければいけません。当然ですが、働く時間も決まっています。

 
自分で稼ぐ力を身に付けて、これらの不自由から解放されるために副業を行っています。

 

「せどり・転売」で自由は手に入るのか

 
ネット上では「せどりで月商1,000万円を達成しました!」などの言葉が飛び交っていますが、正直言って、僕にはそれだけの金額を稼ぐことはできません。まず、仕入れ資金がありませんので。

 
なので、「せどり・転売」だけで月商1,000万円を目指したい、と思うのであれば、僕の情報を取得する意味はありません。また、今後、僕自身がその数字を目指すこともありません。

 
その理由は、「せどり・転売」は詰まるところ肉体労働だからです。自分が倒れてしまえばビジネスは止まってしまい、収益は激減してしまいます。前述したように、僕はこのような経験をしています。

 
例えば、「せどり・転売」である程度稼げるようになり、会社を辞められたとします。ですが、それは本当の自由を手に入れたとは言えません。働く環境が変化しただけです。仮に自分がいなくても自動的に収益が上がる仕組みを構築できてこそ、本当の自由を手に入れたと言えます。

 
僕は、まだその仕組みを構築できていませんし、まだまだ知識も足りないので、もっと成長しなければいけません。伸びしろですね。

 
自分が持っている知識をすべてアウトプットして、誰かの価値観や行動に変化を起こし、自分もさらにインプットして成長する。このような関係を読者さんと築ければ最高だと思っています。

 

ビジネスモデルについて

 
僕が推奨するのは、せどり・転売で実績を作り、その情報を発信してマネタイズするビジネスモデルです。

 
せどり・転売の情報を発信して集客を行い、そこに集まった読者さんたちと関係を築き、信頼してもらった読者さんたちにセールスを行うというものです。僕は、この「リストマーケティング」というビジネスモデルが最強だと確信しています。

 
ここで少し矛盾を感じる人もいるかもしれません。「実績作りにせどり・転売を推奨してるけど、あんた、さっきせどり・転売のこと否定してなかったか?」と。

 
では、なぜ実績作りにせどり・転売を選んだのか、ということですが、それは、他のビジネスに比べて圧倒的に再現性が高いから、です。

 
「せどり・転売」は生涯の仕事には向いていませんが、実績作りだけにフォーカスすると最適なんです。難しいことをやろうとして、実績作りの段階で挫折してしまっては元も子もないので。

 
「せどり・転売」はものすごくシンプルに言うと「安く購入して高く販売する」というビジネスモデルです。

 
例えば、メルカリで500円のCDを仕入れて、他のプラットフォームで1,500円で販売する。ただこれだけのことです。で、このような商品は簡単に見つかりますし、この経験が実績になります。

 
よく実績の大きさを気にする人がいますが、そんな圧倒的な実績なんて必要ありません。大きな金額を稼げた方が良いのはもちろんですが、すべての人が月収100万円を望んでいるわけではないんです。

 
副業で1万円稼げる、という情報でも、その情報を欲しいと思う人は大勢います。月3万円の小遣いが4万円になれば、ちょっとした贅沢もできますし。

 
「せどり・転売」で稼ぐ方法については、ブログ内の記事でも紹介しています。また、メルカリ仕入れ教材もプレゼントしていますので、こちらも参考にしてみてください。

 
1万円相当のメルカリせどり教材「MercariWalker」を受け取る

 

お互いに価値の感じられるビジネスをしたい

 
リストマーケティングには、大きく分類して2種類のメソッドがあります。

 
1つ目は、顧客リストを大量に購入し、そのリストにセールスを仕掛け、煽って煽って購入させる方法です。で、リストが枯れると、また同じことを繰り返します。

 
2つ目は、読者さんとしっかり関係を築き、自分が本当におすすめできる商品だけを提供し、読者さんが納得した上で購入してもらう方法です。

 
どちらもリストマーケティングに変わりはないですが、今後のビジネスに与える影響は全く異なります。最もわかりやすいところで言うと「リピート」です。前者のやり方では、リピートされる可能性が限りなく0に近いです。僕が作っていきたいビジネスは言うまでもなく後者です。

 
前者の提供している情報は、一部を除き、ほとんどが価値の無い情報です。「簡単に稼げる」「誰でも稼げる」などの甘い言葉で集客し、そこに集まった情報弱者と呼ばれる人たちが喰いものにされていきます。もちろん儲かるのは販売者のみです。代表的なのは、一時期流行したプロダクトローンチですね。

 
僕は、このようなビジネスにやりがいや楽しさをまったく感じません。また、このようなビジネスが未来永劫続くとも到底思えません。

 
一時的に儲かったとして、大勢の人から恨まれるようなことはしたくないじゃないですか。なので、僕は自分が価値を感じたもの以外はおすすめしません。

 
商品が発売されるたびに「これは稼げますよ!」「今しか手に入らないですよ!」としか言わないような、しょうもない情報発信者にはなりたくないので。

 

他社依存マンには関わらない

 
オンラインでビジネスを行っていると、オフラインではありえない行動をする人が大勢存在します。

 
あり得ない行動をする人というのは、俗に言う「くれくれ君」と呼ばれる人たちのことです。つまり、何でも無料で提供してくれ、と言ってくるような人たちです。

 
このような人たちにオフラインで出会うことはほとんどないと思います。コンビニで「このドリンク無料でください」って言っているようなもんですからね。

 
オンラインでは絶対にやらないことでも、オフラインでは平気でやってしまう人が本当に多いです。で、このような人たちは絶対に稼げません。なぜなら、情報発信者としての視点をまったく持ち合わせていない、からです。

 
また、「稼げなかったのは教え方が悪い」「行動したくても他にやることがあって時間がない」など、すべての要因を外部のせいにする人たちも多いです。すべての要因は自分のせい、と考えられなければ、稼げるようになるのは難しいです。

 
僕は、大切な時間を無駄にしたくないですし、余計なストレスも抱えたくないので、このような人たちとは絶対に関わりたくありません。

 

最後に

 
僕には「働きたくない」以外にも、お金を稼がないといけない理由があります。

 
小学生の時に父親がいなくなり(おそらく不倫)、我が家は母子家庭になりました。

 
母親には感謝してもしきれないぐらいの大きな恩があります。僕に不自由な思いをさせないために、1日2時間程度の睡眠時間で、いくつもの仕事を掛け持ちしながら働いてくれていたこともありました。自分の時間なんてほとんどなかったと思います。

 
ですが、情けないことに、その大きな恩をまったく返せていません。旅行にも連れて行ってあげたいですし、美味しいものも食べさせてあげたいです。何よりも、これからの人生は少しでも自分のために使ってほしいです。お父さんとは呼べませんが、新しいパートナーを見つけるってのもいいと思います。

 
母親は何も思ってないかもしれませんが、僕にとっては感謝しかありません。僕が与えてもらったものを、少しずつでも返していけるようにしたいです。

 
また、僕はオンラインでも多くの人と繋がりたい、と考えています。一人で黙々と作業をするよりも、多くの人たちとアイデアを出し合って、さまざまなことに挑戦したいですし、その中でもっと自分を成長させていきたいです。

 
一人の人間ができることには限界がありますので、多くの知識やアイデアを集結して、これまでにないようなビジネスができたら最高です。ぜひ一緒に挑戦しましょう。

よく読まれている記事

最新記事

  1. 思考停止の「継続」では成功できない
  2. アマゾンプライムの年会費を割引する方法
  3. ブレないビジネスを作る唯一の方法
  4. メルペイの使い方と各種設定方法
  5. コンサルタントの効果を最大化するために把握しておくべき3つの…

アーカイブ

twitter

  1. キャッシュレス

    楽天ペイの使い方とポイントをお得に貯める方法
  2. マインドセット

    1日1冊漫画を買わないと○○
  3. マネーハック

    貯金と節約だけじゃないお金の新常識
  4. マーケティング

    「おもいでケータイ再起動」から学ぶビジネス思考
  5. キャッシュレス

    スマホ(QRコード)決済でおさえておきたい6つのテッパンサービス
PAGE TOP