キャッシュレス

国税をクレジットカードで納付する方法

どうも!ゆうです。

 
税金を支払う際に、多くの人が銀行などの金融機関やコンビニを利用すると思います。何かのついでにサラッと済ませてしまえば良いことなのですが、この少しの手間が意外と面倒だったりします。

 
ですが、「国税クレジットお支払サイト」を利用することで、銀行やコンビニに足を運ぶことなく、自宅で簡単に国税の納付を行うことができます。

 

国税クレジットお支払サイトとは?

 
「国税クレジットお支払サイト」は、オンラインで国税の納付が行えるサイトです。

 
クレジットカード決済となっているため、前述したとおり、銀行やコンビニへ足を運ぶ必要がありません。また、納税金額が大きな場合には、分割払いやリボ払いにも対応しています。

 
利用できる税目は下記になります。

 

メリット

 
「国税クレジットお支払サイト」を利用する際のメリットは下記の3点です。

① 自宅で納付の手続きが行える

3回目でかなりしつこいですが、自宅で国税の納付を行うことができます。店舗に足を運ぶ手間が省けますし、払い忘れの防止にもなります。

② ポイントが還元される

クレジットカード(以下:クレカ)の種類にもよりますが、決済時にポイントを獲得することができます。少額ではありますが、ポイント分だけでも税金がお得になりますね。利用可能なクレカは下記になります。

・Visa
・Mastercard
・JCB
・American Express
・Diners Club
・TS CUBIC CARD

③ 分割払い・リボ払いに対応

お財布事情が苦しい場合には、分割払いやリボ払いに対応しているところもポイント高いですね。最終的に金利で苦しめられる可能性はありますが・・・。

 

デメリット

 
「国税クレジットお支払サイト」を利用する際のデメリットは下記の3点です。

① 決済手数料が別途必要

クレカ納付を行う際に、決済手数料が別途必要になります。決済手数料は納付税額によって金額が変わります。手数料の金額によっては、クレカ決済時に獲得したポイントよりも高くなってしまう可能性があります。

② 領収証書が発行されない

オンライン決済になりますので、領収証書が発行されません。また、他の注意事項に関しては、サイト内の「ご利用に当たっての注意事項」を確認してください。

③ クレジットカード情報が登録できない

クレカ情報の登録ができないため、支払いの都度、カード情報を登録しなければいけません。支払いの頻度が高い場合は面倒に感じるかもしれません。僕はとても面倒に感じました。

 

利用方法

 
国税の納付方法はとても簡単です。

 
まずは、トップ画面の注意事項を確認し、同意ボタンをクリックします。表示された画面に名前・住所・電話番号などの利用者情報と納付内容を入力し、次へボタンをクリックします。

 
最後にクレジットカード情報を入力します。分割払いやリボ払いもこのタイミングで選択することができます。入力完了後に納付ボタンをクリックすれば納付は完了です。

 
以上が国税をクレジットカードで支払う方法になります。デメリットもありますが、時短などのメリットも大きいので、ぜひ利用してみてください。

ピックアップ記事

  1. 1日1冊漫画を買わないと○○
  2. 「おもいでケータイ再起動」から学ぶビジネス思考
  3. Amacode(アマコード)の設定と使用方法
  4. 30万円も使い方次第でこんな無駄になる
  5. ビジネスで成功できない人の3つの特徴

関連記事

  1. キャッシュレス

    地方税(自動車税等)や公共料金をお得に支払う方法

    どうも!ゆうです。地方税や公共料金の支払いを、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


無料メール講座【教材プレゼント付き】

よく読まれている記事

最新記事

  1. Amazon(アマゾン)で使える6つのお得な買い物テクニック…
  2. 地方税(自動車税等)や公共料金をお得に支払う方法
  3. ヤフオクの迷惑ユーザーをブロックする方法
  4. 国税をクレジットカードで納付する方法
  5. 貯金と節約だけじゃないお金の新常識

アーカイブ

twitter

  1. マインドセット

    ビジネスで成功できない人の3つの特徴
  2. メルカリ

    メルカリの機能を利用してせどり上級者の「稼ぐ思考」を学ぶ方法
  3. ツール・拡張機能

    Amacode(アマコード)の設定と使用方法
  4. ツール・拡張機能

    「モノサーチ」の設定と使用方法
  5. ツール・拡張機能

    「Keepa」の設定と使用方法
PAGE TOP