ヤフオク

ヤフオク「ストア」からリサーチする方法

ご訪問いただきありがとうございます。
ゆうです。

 
最近では、メルカリの利用者数が飛躍的に伸びており、
メルカリを仕入先に利用する人も増加しています。
(2018年7月時点で7,100万ダウンロードされています)

 
僕自身もメルカリで仕入れをすることが多いです。

 
あくまでも僕の感覚ですが、メルカリの躍進が目立ちすぎて、
少し影が薄くなってきたなと感じるのが「ヤフオク」です。

 
しかし、現在でも、
ヤフオクが巨大市場であることは間違いありません。

 
2018年7月の時点で、
常時出品数が6,000万点を超えています。

 
これはものすごい数字ですし、これだけの商品数があれば、
仕入れができないとかありえないです。

 
実際に、僕も仕入れ・販売ともに、
とてもお世話になっています。

 
メルカリに押されがちではありますが、
仕入れ対象として、ヤフオクを外すのは、
非常にもったいないです。

 
ここでは、
ヤフオクの「STORE」からリサーチする方法をお伝えします。

 

「STORE」とは

 
ヤフオクの出品者には、
「個人セラー」と「業者セラー」が存在します。

 
「個人セラー」と「業者セラー」を見極めるポイントですが、
「業者セラー」は、出品画面に「STORE」表記がされています。

この「STORE」表記がされている出品者は、
法人または個人事業主に該当します。

 

「STORE」からリサーチする理由

 
アマゾンの規約変更に伴い、下記に該当するものは、
「新品」出品ができなくなりました。

・個人調達商品(個人事業主を除く)。
・メーカー保証がある場合、購入者がメーカーの正規販売代理店から販売された商品と
 同等の保証(保証期間など)を得られない商品。
・Amazon.co.jpで調達された商品(Amazonマーケットプレイスを含む)。
 (Amazon.co.jp・コンディションガイドラインより引用)

要するに、「STORE」以外から購入したものは、
未開封品であったとしても、アマゾンでは「新品」での出品はできません。

 
「ほぼ新品」で出品することは可能ですが、
「新品」と「ほぼ新品」では、売れ行きに大きな差があります。

 
「STORE」から仕入れを行うことで、
アマゾンでの新品出品が可能になりますので、
「STORE」からリサーチすることをおすすめしています。

 

リサーチ方法

 
まずは、カテゴリを選択します。
カテゴリは、あなたが取り扱っている商品のカテゴリを選択してください。

 
ここでは、「ビューティー、ヘルスケア」からリサーチしてみます。
検索条件は下記のとおりです。

カテゴリ:「コスメ、スキンケア」→「資生堂」
商品の状態:「新品」
出品者:「ストア」

ここで重要なことが、
おすすめ順を「入札の多い順」に変更することです。

 
「入札が多い=売れている・需要がある商品」ですので、
この変更は必ず行ってください。

 
「売れているものを売る」は物販の鉄則です。

 
上記の条件で検索した結果、
下記の商品が見つかりました。

この金額で落札できた場合、
8,750円+消費税+送料500円で9,950円になります。

アマゾンでの販売金額は13,800円で、
1ヶ月で13個売れている商品です。

 
利益:2,108円・利益率15%ですので、利益率は低いですが、
リサーチして数分でこれぐらいの商品はすぐ見つかります。

 
同梱が可能な出品者であれば、
その他の商品も購入することで、
送料を抑えることも可能です。

 
このように、ヤフオクはまだまだ仕入れ可能な市場ですので、
ぜひ上記のリサーチ方法を試してみてください。

ピックアップ記事

  1. 1日1冊漫画を買わないと○○
  2. 「Keepa」の設定と使用方法
  3. 30万円も使い方次第でこんな無駄になる
  4. メルカリで○○を売った小学1年生
  5. ヘルビせどりのメリット・デメリット

関連記事

  1. ヤフオク

    ヤフオク大量仕入れの落とし穴

    ご訪問いただきありがとうございます。ゆうです。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


2018年12月実績

よく読まれている記事

最新記事

  1. 情報発信に求められるのは「量」か「質」か
  2. 「しるし書店」は価値が数値化される古本屋さん
  3. ユーチューバーが「せどり・転売」に与える影響力
  4. 目標達成のために「やらないこと」を決めましょう
  5. 「成功する人が一握り」ではなく「継続する人が一握り」

アーカイブ

twitter

  1. ツール・拡張機能

    「SearchBar」の設定と使用方法
  2. ヘルビせどり

    ヘルビせどりの注意点
  3. ツール・拡張機能

    Amacode(アマコード)の設定と使用方法
  4. ツール・拡張機能

    「Keepa」の設定と使用方法
  5. ツール・拡張機能

    「モノゾン」の設定と使用方法
PAGE TOP