電脳せどり

「サウンドハウス」でのリサーチ方法

ご訪問いただきありがとうございます。
ゆうです。

 
「サウンドハウス」というサイトはご存知でしょうか?

 
「サウンドハウス」は、
PA音響機器・楽器・照明機器・カラオケ機材などを販売しているオンラインストアです。

 
「サウンドハウス」でのリサーチ方法を解説しますので、
ぜひ参考にしてください。

 

会員登録

 
はじめに「サウンドハウス」のサイトを開いてください。
https://www.soundhouse.co.jp/

 
「サウンドハウス」を利用するには会員登録が必要になります。
登録はサイト上部にある「会員登録」から行ってください。

 
必要な情報は下記になります。

■ メールアドレス
■ ニックネーム
■ Eメール受信設定

 
会員登録自体の入力はこの3項目だけですが、
購入時には追加情報が必要になります。

 

リサーチ方法

 
「サウンドハウス」では、サイト内でセールも行っていますが、
通常商品も比較的安価で販売されているものが多数ありますので、
通常商品をリサーチしていきます。

 
価格差があっても売れなければ意味がないので、
売れやすい商品を探すためにランキングを確認します。

 
サイト中部にある下記の画面です。

 
僕はあまり大きなものを仕入れるのが好きではないので、
「イヤホン」のランキングを見てみました。

 
1位の商品から順にリサーチしていきます。

 
モノレートで確認すると、
検索時のアマゾンでの価格は37,800円になっています。

 
3ヶ月で13個売れていますし、
しっかりと利益も取れる商品が見つかりました。

 
送料無料でポイントも加算されますので、
かなりお得ですよね。

 
今回は「イヤホン」で検索しましたが、
その他のカテゴリーでも利益の取れる商品はたくさんあります。

 
通常商品だけではなく、
セール品にも利益の取れる商品はありますので、
そちらもリサーチしてみてください。

 
注意点として、
最近はアマゾンでの出品規制が増えています。

 
販売可能かの事前確認は、
しっかりと行ってください。

ピックアップ記事

  1. 「SearchBar」の設定と使用方法
  2. 1日1冊漫画を買わないと○○
  3. メルカリで○○を売った小学1年生
  4. 「Keepa」の設定と使用方法
  5. 値下げが招くビジネスの終焉

関連記事

  1. 電脳せどり

    アマゾン刈り取りに必要な3つの拡張機能

    ご訪問いただきありがとうございます。ゆうです。…

  2. 電脳せどり

    アマゾン刈り取りとは

    ご訪問いただきありがとうございます。ゆうです。…

  3. 電脳せどり

    最も簡単なアマゾン刈り取り方法

    ご訪問いただきありがとうございます。ゆうです。…

  4. 電脳せどり

    「在庫あーる」でのリサーチ方法

    ご訪問いただきありがとうございます。ゆうです。…

  5. 電脳せどり

    「キャラアニ.com」でのリサーチ方法

    ご訪問いただきありがとうございます。ゆうです。…

コメント

  1. こんにちは。ランキングから来ました。いろんなところにリサーチのヒントが隠れているのですね。勉強になりました。

  2. 初めまして。
    ランキングから来ました。
    リサーチ方法ありがとうございます。
    勉強させていただきます。

  3. Manohiroと申します。
    ブログランキングから訪問させて頂きました。

    サウンドハウスの存在を初めて知りました。

    スピーカーやヘッドホーンのチェックをします。

    また訪問します。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


無料メール講座【教材プレゼント付き】

よく読まれている記事

最新記事

  1. 京都「吉田パン」から学ぶブログの本質
  2. ブラックな手法を推奨する3タイプの情報発信者
  3. アマゾンで返金処理された商品が在庫に反映されないときの対処法…
  4. 表示されなくなったブログやサイトを復活させる方法
  5. ロリポップにWordPress(ワードプレス)をインストール…

アーカイブ

twitter

  1. ツール・拡張機能

    「SearchBar」の設定と使用方法
  2. マーケティング

    「おもいでケータイ再起動」から学ぶビジネス思考
  3. ツール・拡張機能

    「モノサーチ」の設定と使用方法
  4. マインドセット

    1日1冊漫画を買わないと○○
  5. せどり・転売

    値下げが招くビジネスの終焉
PAGE TOP