CDせどりのメリット・デメリット

ご訪問いただきありがとうございます。
ゆうです。

 
「せどり」には様々なジャンルの稼ぎ方が存在します。

 
その中から「CDせどり」のメリット・デメリットをお伝えしますので、
ぜひ参考にしてください。

 

メリット

 
① 扱う商品がコンパクト
 
CDは限定盤などの商品でも、
コンパクトなものがほとんどです。

 
商品がコンパクトですので、
仕入れて運ぶときにも非常に楽です。

 
アマゾンのFBA倉庫に送るときにも、
多くの商品を低重量で送ることが可能です。

 
自宅保管の場合でも、
保管場所が広く取られることもありません。

 
自己発送の送料に関しても、クリックポストなど、
低価格での発送が可能ですので、送料の差額が利益になることも多いです。

 
② ライバルが少ない
 
ブックオフなどに仕入れに行っても、
CDコーナーでライバルを見かけることはほとんどありませんし、
せどりの情報発信をされている人は多いですが、
CDせどりの情報はほとんど見なくなりました。

 
どのビジネスにおいても言えることですが、
競合が少ないのは非常に大きなメリットです。

 
今は「ブルーオーシャン」と言えるかもしれませんね。

 
③ 少額から始められる
 
ブックオフでは、
中古のマキシシングルを108円から仕入れることが可能です。

 
新品を扱う場合は多少の資金が必要ですが、
中古を扱う場合は少額の資金で始めることが可能です。

 

デメリット

 
① 購買力の低下
 
最近では配信が主流となり、
「CDが売れない時代」と言われています。

 
以前と比べても、
売上枚数・金額ともにかなり減少しています。

 
この部分は商品の回転率に影響しますので、
大きなデメリットと言えます。

 
② 商品数が多い
 
CDは本についで商品数の多いジャンルですので、
多少の商品知識が必要になってきます。

 
どのジャンルを扱うにしても、知識は当然必要なのですが、
商品数が多い分、その量も増えてきます。

 
以上がCDせどりのメリット・デメリットになります。

 
やはり競合が少ないというのは、
かなり大きなメリットだと思います。

 
ぜひCDせどりにチャレンジしてみてください。

1件のコメント

  • ゆうさん、ブログランキングから訪問しました。何をするにしてもメリット、デメリットを把握している事は大切ですよね!とても勉強になりました。また楽しみにしています。

コメントを残す




CAPTCHA