時には損切りも必要

ご訪問いただきありがとうございます。
ゆうです。

 
株式投資などでよく使われる用語に「損切り」と言われるものがあります。

 
損失を最小限にとどめるために、
損失額の少ない段階で株式を処分すると言う意味です。

 
「損切り」はせどりを行う上でも非常に重要な考え方になります。

 
仕入れ段階では利益が出ている商品でも、
様々な理由により価格が下落し、
利益が取れなくなることがあります。
(著名な方が紹介した商品はよく価格競争が起こります)

 
元の価格まで上昇するのを待つこともできますが、
どうしても時間がかかってしまいます。

 
必ず価格が戻るという保証もありません。

 
そのような時には勇気を持って「損切り」することも大切です。

 
様々な商品を仕入れていく中で、
利益が出なくなる商品は必ず出てきます。

 
せっかく仕入れた商品を損切りすることは悲しいことですが、
価格が戻るのを待ち続けて、資金がストップしてしまうことの方がもったいないです。

 
少しぐらいの損が出ても、
別の利益が出る商品を見つけて資金を回転させていきましょう。

コメントを残す




CAPTCHA