メルカリ仕入れで狙うべき出品者

ご訪問いただきありがとうございます。
ゆうです。

 
メルカリの出品者には、
大きく分けて「個人のセラー」「業者のセラー」が存在します。

 
どちらのセラーを仕入れ対象にするべきだと思いますか?

 
正解は、
「どちらも仕入れ対象になる」です。
(しょうもない答えですみません・・・)

 
正確には、
あなたの現状によって異なります。

 
資金が潤沢にあり、大量仕入れが可能であれば、
「業者のセラー」をターゲットにするべきです。
(リピート仕入れにも適しています)

 
しかし、転売を始めたばかりで資金が潤沢で無ければ、
「個人のセラー」をターゲットに仕入れをします。

 
今回は「個人のセラー」の特徴についてお伝えしていきます。

 

個人セラーの見極めるべきポイント

 
個人セラーの特徴として、
3つの点があります。

 
評価数が少ない

不用品の販売が目的ですので、
出品数が少なく、必然的に評価も少なくなります。

 
出品している商品に一貫性が無い

コレクターの人などは別として、
個人のセラーが同じ商品を複数持っていることは稀です。

 
不用品の種類も様々ですので、
出品している商品に一貫性がありません。

 
商品の画像・説明欄が適当

自宅で撮影されているような写真が多数です。
説明欄も数行のものが多く、
JANコードが記載されているようなこともありません。

 
以上が個人セラーの特徴になります。

 
個人のセラーは基本的に不用品を販売していることが多いため、
リピート仕入れには適していません。

 
しかし、不用品を出品しているため、
早く売り切りたいと思い、値付けが甘いことが多いです。

 
個人のセラーでも利益の取れる商品は多数出品されていますので、
しっかりリサーチするようにしてください。

コメントを残す




CAPTCHA