せどりとは

ご訪問いただきありがとうございます。
ゆうです。

 
「せどり」とは、
店舗やネットショップなどで購入した商品を、
アマゾンやフリマサイトなどで販売し、
その差益を稼ぐビジネスモデルです。

 
以前は「せどり=本」のイメージがありましたが、
現在はCD・DVD・ゲーム・食品・家電など、
多種多様の手法で稼ぐことが可能です。

 

せどりは飽和している?

 
「せどりは飽和している」とよく言われます。

 
確かに実践者が多いのは事実ですが、
どの業界でもライバルがいないことなんてありえません。

 
ライバルの存在を恐れていたら、
何も始めることはできないです。

 
僕もかなりの後発組ですが、
それでも問題なく稼げています。

 
せどりはジャンルも豊富ですし、
世の中には様々な商品が溢れています。

 
必要以上にライバルを意識しすぎないようにしてください。

 

せどりのメリット

 
① 再現性が高い

簡単に言いますが、
せどりは「安く買って高く売る」ビジネスモデルです。

 
とてもシンプルな方法ですので、
誰が行っても結果が出やすいです。

 
アフィリエイトなどに比べて、
結果が出るスピードも非常に早いです。

 
② 長期間続けられる

「安く買って高く売る」というビジネスモデルは、
何百年も前から行われている不変の方法です。

 
欲しいものが手に入りやすいかどうかによって、
商品の価値は大きく変化します。

 
「需要と供給のバランス」ですね。

 
極端な話ですが、
街中で売っている水と砂漠で売っている水では、
価格に大きな差があると思います。

 
それでも砂漠では、
その価格で水は売れていくはずです。

 
そこに差益が生じます。

 
取引の形態は変化していくと思われますが、
基本的なビジネスモデルは今後も変わらず続いていくものになります。

 

せどりのデメリット

 
① レバレッジがききにくい

せどりはアフィリエイトなどと違い、
レバレッジがききにくいビジネスモデルです。

 
行動した分だけ、
収益が伸びていきます。

 
肉体労働と同じですね。

 
仕入れをやめてしまったら、当然ですが、
収入はなくなってしまいます。

 
② 仕入れ資金が必要

アフィリエイトは、
資金0から始められるビジネスモデルと言われていますが、
せどりは仕入れ資金が必要になります。

 
小額からでも始めることは可能ですが、
資金が多いほうが確実に有利です。

 
以上がせどりのメリット・デメリットになります。

 
「再現性の高さ」を考えると、
「せどり・転売」をやらないことは非常にもったいないです。

 
ぜひ「せどり・転売」を始めてみてください。

2件のコメント

  • ゆうさん、こんばんは!ブログランキングから訪問しました。せどりのメリット、デメリットがとても分かりやすく説明されていて、勉強になりました。せどりは仕組みがシンプルで分かりやすいですね。また楽しみにしています。

  • Manohiroと申します。
    ブログランキングから訪問させて頂きました。

    せどりを難しく考えていました。

    シンプルですなあ。

    今後も訪問させていただきます。
    応援、完了しました。
    よろしくお願い致します。

コメントを残す




CAPTCHA